「つ」をたくさん書いて、魚のうろこを描こうなどの「お絵かき感覚でひらがなの練習」や、読点の位置で文の意味が変わる「ぎなた読み」など、斬新な内容が盛りだくさん!


楽屋話……

連載開始から一年間は、十回以上の全直しなんて当たり前。

よくもまぁ、こんなにアイデアがでたもんだと我ながら驚いています。。。

とはいえ、敏腕編集者に鍛えられたおかげで、ネタには困らない体力がつきました。

「鬼、悪魔!」なんて言い続けてごめんなさい。元担当編集のKさま、感謝です!

現在、担当はWさんにかわり、この人もかなりの切れ者!

すぐれた人とタッグを組めてラッキーです。

てなわけで、今後の「ことばとあそぼ!」にもご期待ください!!!


しっかし、こんなおっさんが「ねこりん」「とりりん」の生みの親だと

知ったら「たの幼」読者は泣くかも?!(笑)


▲赤坂行雄プロフィールへ戻る